院長からのメッセージ−TAKASUGI BLOG−

院長からのメッセージ−TAKASUGI BLOG−

院長イラスト

院長からのメッセージ−TAKASUGI BLOG−

院長イラスト

おたふくかぜ(ムンプス)ワクチン

おたふくかぜ(ムンプス)ワクチンは、ムンプスウイルスを弱毒化してつくられた生ワクチンです。定期接種の対象になっていませんが、保育園などの集団生活をおくっている子どもでは、1歳を過ぎて麻しん風疹混合ワクチンの接種が終わったら受けておきたいワクチンです。

 

1回ワクチンを受けると、95%の人が免疫を獲得しますが、流行時に濃厚接触があると発症する可能性があります。しかし、発症したとしてもワクチンを受けていた子どもは、耳下腺の腫脹期間が短く、髄膜炎の合併率も1/10に低下します。ムンプス難聴の予防や成人の睾丸炎の予防のためにもおたふくかぜワクチンを受けておきましょう。

 

おたふくかぜ自然感染の症状とおたふくかぜワクチンの副反応(臨床反応)

症状

自然感染

ワクチン

耳下腺炎

70%

3%

無菌性髄膜炎

3〜10%

1/2,000〜1/6,000

脳炎

2/10,000(0.02%)〜3/1,000(0.3%)

4/1,000,000

難聴

1/400〜1/20,000

極めてまれ

睾丸炎

25%(思春期以降の)

極めてまれ

乳腺炎

15〜30%(思春期以降の)

極めてまれ

膵炎

4%(思春期以降の)

極めてまれ

                                                                                小児科 45, 871, 2004改変

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎、ムンプス)

○  おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)とは

ムンプスウイルスの感染後、2〜3週間(平均18日間)の潜伏期を経て、耳の下(耳下腺)が腫れて痛がります。たいてい左右とも腫れますが、片側だけのこともあります。腫れのピークは発症1〜3日後であり、この間はたいてい発熱も伴います。合併症として、無菌性髄膜炎(3〜10%)、脳炎(1/1,000)、難聴(1/400〜1/20,000)、精巣炎、膵炎などは、特に注意すべきです。

○  治療

治療は基本的に不要で、熱や痛みをおさえる薬を処方します。痛いときは冷湿布もよいでしょう。

○  家庭で気をつけること

食べ物:唾液腺の分泌を刺激する酸味の強い食べ物は耳下腺痛を増強するのでさけましょう。

入浴:高い熱のある時や痛みが強いとき以外は構いません。

○  こんな時はもう一度診察を

頭痛が強く、何度も吐くとき。

1週間経っても腫れがひかないとき。

熱が5日以上続くとき。

耳の下の腫れが赤くなったとき。

睾丸を痛がるとき。

○ 保育所・学校

腫れがひくまでは他の子にうつります。耳下腺の腫れが出て5日を経過し、かつ全身状態が良好になれば、登園・登校してかまいません。

○  その他

流行があれば診断は容易ですが、流行がない場合は、他のウイルス感染による反復性耳下腺炎との鑑別が困難なことがあります。この様な場合は、採血をして、ムンプスウイルス抗体価で診断することができますので、ご相談ください。

予防するには、ワクチン任意接種であるムンプスワクチンが唯一の方法です。

同時接種の利点と懸念事項

私の現時点の結論は、「体調の良い時に、同時接種をして早く免疫をつける」です。

予防接種を受けるにあたり、同時接種に不安を覚えるご両親もおられますので、以下にまとめを記載します。

(利点)

1.複数の疾患に対する免疫を早くつけられる(病気になる前に予防)。

2.受診回数を減らすことで保護者の負担を軽減。

3.基礎疾患を有する児への対応が可能(体調のよい時期に複数の免疫をつける)。

 

(懸念事項)

1.有効性が劣らないか?

→有効性、免疫原性が低下することはない。

2.安全性は大丈夫か?

→重篤な副反応が起こりやすくなることはない。

3.有害事象の因果関係解析に関して複雑な考察が必要となる可能性がある。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目