院長からのメッセージ−TAKASUGI BLOG−

院長からのメッセージ−TAKASUGI BLOG−

院長イラスト

院長からのメッセージ−TAKASUGI BLOG−

院長イラスト

多形(滲出性)紅斑

とびひ(伝染性膿痂疹)

インフルエンザってなぁに?

今年シーズンのインフルエンザの流行が始まりました。

備えの第一歩は、インフルエンザについて正しい知識を持つことです。

インフルエンザは、急に高熱が出て、ぐったりして、体のふしぶしが痛くなる症状で始まります。そして、徐々に咳や鼻が強くなり、熱が4−5日続くのが典型的な経過です。

普通のかぜに比べて、熱が高くて長く続いて、肺炎や中耳炎を合併することもあります。子どもでは、けいれんを起こすこともありますし、稀に脳炎脳症になることあるので、警戒すべき疾患です。

インフルエンザが流行している時に、熱が出るとインフルエンザを疑いますが、典型的でないことも多いです。必要があれば、細い綿棒で鼻の粘膜を擦って検査することが可能です。熱がでて半日くらい経っていれば、ある程度正確に診断できます。

治療は、2001年にウイルスの増殖を抑える抗インフルエンザ薬が登場して以来、日本では多く使用されています。現在、抗インフルエンザ薬には、内服薬のタミフル、吸入薬のリレンザ、イナビル、点滴薬のラピアクタなどがありますが、異常行動(マンションから飛び降りなど)がみられたりする可能性があるので、投与には注意が必要です。さらに、最近になって薬剤に耐性を示すインフルエンザウイルスも見つかるようになっています。

抗インフルエンザ薬は、発熱期間を1ー2日短くしますが、脳炎脳症を予防するかどうか結論が出ていません。

そもそも、インフルエンザは、そもそも抗インフルエンザ薬を飲まないとないと、治らない訳ではなく、自然に治癒する疾患です。ですから、安静を保ち、合併症に注意しながら経過をみても構いません。

症状によっては、抗インフルエンザ薬を内服するかどうか、悩ましい場合もありますので、よく相談して納得できる治療を選択して欲しいと思います。

西日本豪雨災害へのお見舞い

西日本豪雨災害へのお見舞い

幼児の眼科健診(弱視スクリーニング)が好評です。

幼児の眼科健診(弱視スクリーニング)について

 ★ スポット・ビジョン・スクリーナー(ウェルチ・アレン社:写真)を用いた幼児の眼科健診をはじめました。

  検査費用:1,000円(自費)

 

★ スポット・ビジョン・スクリーナーは、近視、遠視、乱視等の屈折異常や、屈折の左右差、瞳孔不同、斜視等を簡易にスクリーニングできる新しい機械です。検査は比較的簡単に短時間で可能ですので、小さなお子さんでも検査可能です。

 

★ 一般に3歳児健診での弱視検査は質問紙で行われていますが、これだけでは見逃しもあると言われています。家族が子どもの視力の異常に気付くことは難しく、就学時や小学校入学後に弱視が分かっても、視機能の発達に余力がなく、良い結果が望めません。そこで、このスポット・ビジョン・スクリーナーを用いて、就学前までに、できれば3歳頃に弱視を発見したいと思っています。

ハッカ油虫除けスプレー

昨年、NHKのガッテン
「人類最凶の敵!「蚊」撃退大作戦」
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20160831/index.html
を見てから、色々と虫除けや殺虫剤などについて、考えるようになりました。

★市販の蚊よけ剤を賢く使おう!
いわゆる「虫よけ」として市販されているものは、大きく3種類に分けられます。

1.    「いやがる香り」・・・「ハッカ油」などをはじめ、「シトロネラ」「ユーカリ」「レモングラス」などのハーブや、「ヒノキ油」など。蚊が強い香りを嫌がって近寄らなくなる。薬品ではないので、比較的体に優しい一方、効果の持続時間が短めなので、こまめに使うとよい。

2.    「殺虫」・・・蚊取り線香に代表されるような、虫を直接殺す作用がある薬剤。直接衣服にかけるタイプ、軒先につるすタイプ、衣服自体に成分を練りこんであるタイプなど様々ある。成分としては「ピレスロイド」「トランスフルトリン」など。殺虫剤なので皮膚に直接かけることは避ける。


3.    「目隠し」・・・一番数多く売られているタイプ。成分は「ディート」や「イカリジン」など。皮膚に塗ることで蚊のセンサーを騙し、塗った部分をヒトだと分からないようにしてしまう効果がある。ただ、効き目のある範囲が極めてせまく、塗り残しがあるとその場所を狙って刺されてしまう。手で塗り伸ばすなどの工夫が必要。持続時間が4~6時間と長く、きちんと使えば効果が非常に高い。

※「虫よけ」は必ず使用上の注意をよく読んで使いましょう。
※特に「殺虫」タイプを体にかけてしまうケースが増えています。殺虫成分の「ピレスロイド」「トランスフルトリン」などの表示がある商品は、絶対に皮膚にかけないように注意しましょう!

このうち、1の「いやがる香り」が、やっぱり一番自然で、赤ちゃんや子ども、環境に良いだろうということで、見つけました!

「ハッカ油虫除けスプレー」!
作り方はとっても簡単!実際やってみると、なかなか良いです!
みなさん、トライしてみてください。
​​​​​​​
https://www.hakkayu.jp/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=hakkayu17&utm_content=hakka

かかりつけ登録(小児かかりつけ診療料)をぜひ!

窓口受付時間、オンライン受付時間について

★窓口受付時間、オンライン受付時間について

  • 窓口受付時間

午前 8:45〜12:00(月〜土) 午後16:00〜18:00(月〜水、金)

  • オンライン受付時間

午前 9:0012:00(月〜土) 午後16:00〜17:45(月〜水、金)

*窓口受付開始前に来院される方は、入口の掲示のお知らせをご覧下さい。

*オンライン受付は、受付患者数により、適宜受付を終了することがあります。

湿疹でもらった塗り薬、ステロイド軟膏

(心配・質問)

~湿疹でもらった塗り薬・8ヶ月息子~

 

はじめての子育てに奮闘中の新米かあさんです。

8ヶ月になる男の子のことで相談させてください。

5月に入って暑くなってくると同時に、顔や体にかゆそうなブツブツができました。

「よくあることだよっ」て話には聞いていたけど、ほっといていいものか、どうなのか?もわからず、

小さな体に広がる様子がかわいそうで・・

そこで、近所の小児科で診てもらいました。

待ち時間は、おむつが気持ち悪いのかぐずり、

おなかがすいたのかぐずり、

私も落ち着かない気持ちのまま診察室にはいりました。

小児科受診も慣れていないし、子どもがそんな状態だったので、落ち着いて話しが聞けませんでした。結局、弱いステロイドが入った塗り薬を処方してもらって帰宅しましたが

「どのタイミングでどれくらい塗って大丈夫か」をちゃんと聞けてないことが後々気になりました。

効果的にお薬を塗って早く治してあげたいのですが、ステロイドというと何となく「使わない方がいい」というイメージがあって使用に慎重になります。

どれくらいで治まるかわからないけど、使い続けて副作用の心配はないですか?

 

(回答)

乳児は皮膚も弱く、汚れや乾燥、刺激で容易に湿疹(ブツブツ)が出ます。

もちろん、湿疹が長引く場合には、アレルギーが原因となるアトピー性皮膚炎の場合もあります。

湿疹が赤みを帯びていたり、汁がでているような場合は、炎症がありますので、ステロイド軟膏を使用する方が治るのはスムーズだと思います。

もちろん、ステロイド軟膏にしても、それ以外のお薬でも、薬ですから副作用の心配が全くないわけではありませんが、適切に使用すれば安全に効果的に使用できます。

 

  • まず石けんの泡を用いた手洗いのスキンケアが大切で、しっかり汚れをおとして、しっかりすすぎます。汚れや汗があると、ステロイド軟膏も効果がありません。
  • ステロイド軟膏は、1日に2回塗るのが標準的で、スキンケア後(入浴後)5分〜10分くらいで塗るのが効果的です。
  • チューブから指の第一関節まで(1FTP)の軟膏を絞り出し、手のひら2枚分の面積にのせるように塗布します。

 

ステロイド軟膏を中止したら、また、すぐに悪くなる場合などには、ステロイド軟膏を1日に1回に減らして、保湿剤を1日1回塗布するなどして、ステロイド軟膏を徐々に中止したり、保湿剤のみを継続する方法も効果的です。

湿疹が長期間改善しない場合は、改めて医師に相談すると良いと思います。

 

チャドクガ・チャドクガ皮膚炎

チャドクガ発生

5月下旬、クリニック駐車場の脇にある椿に毛虫がいる〜!

ぎょえー、気持ち悪い。と思いながらも、枝をハサミで切って、幼虫を駆除しました。

ほとんど駆除できていると思うのですが、、、どうでしょうか?

 

これはチャドクガといって、毒蛾(ドクガ)の1つの幼虫です。

成虫は25-30mmで、年2回発生、6-7月(第1回目)、9-10月(第2回目)に出てきます。幼虫は第1回目幼虫が4月頃に孵化し、葉を食害します。幼虫の食草は、チャ、サザンカ、ツバキなどです。第2回目の幼虫は8-9月に出ます。

成虫、幼虫ともに毒針毛をもち、直接刺されることもがありますし、風邪に乗った毒針や、洗濯物についた毒針で毛虫皮膚炎を起こします。

<< 1 2 3 4 >> 4ページ中1ページ目