TAKASUGI Children's Clinic
新着情報

インフルエンザってなぁに?

今年シーズンのインフルエンザの流行が始まりました。

備えの第一歩は、インフルエンザについて正しい知識を持つことです。

インフルエンザは、急に高熱が出て、ぐったりして、体のふしぶしが痛くなる症状で始まります。そして、徐々に咳や鼻が強くなり、熱が4−5日続くのが典型的な経過です。

普通のかぜに比べて、熱が高くて長く続いて、肺炎や中耳炎を合併することもあります。子どもでは、けいれんを起こすこともありますし、稀に脳炎脳症になることあるので、警戒すべき疾患です。

インフルエンザが流行している時に、熱が出るとインフルエンザを疑いますが、典型的でないことも多いです。必要があれば、細い綿棒で鼻の粘膜を擦って検査することが可能です。熱がでて半日くらい経っていれば、ある程度正確に診断できます。

治療は、2001年にウイルスの増殖を抑える抗インフルエンザ薬が登場して以来、日本では多く使用されています。現在、抗インフルエンザ薬には、内服薬のタミフル、吸入薬のリレンザ、イナビル、点滴薬のラピアクタなどがありますが、異常行動(マンションから飛び降りなど)がみられたりする可能性があるので、投与には注意が必要です。さらに、最近になって薬剤に耐性を示すインフルエンザウイルスも見つかるようになっています。

抗インフルエンザ薬は、発熱期間を1ー2日短くしますが、脳炎脳症を予防するかどうか結論が出ていません。

そもそも、インフルエンザは、そもそも抗インフルエンザ薬を飲まないとないと、治らない訳ではなく、自然に治癒する疾患です。ですから、安静を保ち、合併症に注意しながら経過をみても構いません。

症状によっては、抗インフルエンザ薬を内服するかどうか、悩ましい場合もありますので、よく相談して納得できる治療を選択して欲しいと思います。

★注)12月11日(火)午後〜インフルエンザワクチン予約が不可能となっています。

★注)12月11日(火)午後〜インフルエンザワクチン予約が<不可能>となっています。
今シーズンもインフルエンザワクチン供給量が不足しているため、
希望通り接種できない事態となっております。
大変申し訳ありません<m(__)m>。

注)インフルエンザワクチン不足

2018年10月5日(金)
今シーズンもインフルエンザワクチンは、生産量・供給量が不足しいます。
このため、当クリニックでも入荷が滞り、希望通り接種できない事態となっています。
そこで、ワクチンの供給は時間と共に変化していきます。
今後の動向をこまめにチェックされることをお勧めいたします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  「ただ今、インフルエンザ予防接種の予約を、
   一旦終了しています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

西日本豪雨災害へのお見舞い

西日本豪雨災害へのお見舞い

毎週金曜日午後は2診体制の診療になりました。

【重要なお知らせ】
4月から毎週金曜日の午後は2診体制の診療を開始します。
 
・第1診察室 高杉尚志(たかすぎひさし)院長:これまで通りの診療
・第2診察室 島内泰宏(しまのうちやすひろ)医師:アレルギー専門外来・予防接種
 
*島内医師は、元三豊総合病院小児科主任部長、小児科専門医、日本アレルギー学会専門医です。

幼児の眼科健診(弱視スクリーニング)が好評です。

幼児の眼科健診(弱視スクリーニング)について

 ★ スポット・ビジョン・スクリーナー(ウェルチ・アレン社:写真)を用いた幼児の眼科健診をはじめました。

  検査費用:1,000円(自費)

 

★ スポット・ビジョン・スクリーナーは、近視、遠視、乱視等の屈折異常や、屈折の左右差、瞳孔不同、斜視等を簡易にスクリーニングできる新しい機械です。検査は比較的簡単に短時間で可能ですので、小さなお子さんでも検査可能です。

 

★ 一般に3歳児健診での弱視検査は質問紙で行われていますが、これだけでは見逃しもあると言われています。家族が子どもの視力の異常に気付くことは難しく、就学時や小学校入学後に弱視が分かっても、視機能の発達に余力がなく、良い結果が望めません。そこで、このスポット・ビジョン・スクリーナーを用いて、就学前までに、できれば3歳頃に弱視を発見したいと思っています。

かかりつけ登録(小児かかりつけ診療料)をぜひ!

窓口受付時間、オンライン受付時間について

★窓口受付時間、オンライン受付時間について

  • 窓口受付時間

午前 8:45〜12:00(月〜土) 午後16:00〜18:00(月〜水、金)

  • オンライン受付時間

午前 9:0012:00(月〜土) 午後16:00〜17:45(月〜水、金)

*窓口受付開始前に来院される方は、入口の掲示のお知らせをご覧下さい。

*オンライン受付は、受付患者数により、適宜受付を終了することがあります。

おたふくかぜ予防接種費用助成

総社市では、平成25年4月1日から、任意接種に該当しているおたふくかぜの予防接種費用一部助成おこなっています。

♡費用助成期間:平成27年3月31日まで

♡今年度の対象者:総社市に住民登録されている方のうち、満1歳児~小学6年生までの児童

♡助成回数と助成額

1人につき、それぞれ1回限り助成します

おたふくかぜ・・・・・・・・・3,000円

*おたふくかぜのワクチンは、病気を予防する目的、病気になった時の症状の軽減と合併症予防目的に有用です。

接種の予約やご相談は当院にお問い合わせ下さい。

専門外来について

当院では、毎週(土)午後14:30〜17:00に専門外来を行っています。

この時間帯は、心臓超音波検査などの検査が必要なお子さんの予約診療を行っています。事前に電話をいただければ、予約を取らせて戴きます。

また、子育てや、発達、心の問題などの相談など、ある程度ゆっくり時間をかけての相談をご希望の方も、お電話でご相談ください。

<< 1 2 >> 2ページ中1ページ目